ねねは、母を選んで来たんだよ

本日は雑談です。誠にかたじけない(笑)

毎日の子育てって、
思う様にいかない事多いですよね〜(笑)
うちなんて

– 時間がないのに、歯磨き嫌がる
– 何でもイヤイヤしてみる
– 好き嫌いばっかり言う

とにかく忙しい時ばっかり
ワガママ言ったり、言う事聞かないんで、
正直子育てに疲れてしまう事もありました(笑)

そんな時、
以前2人が話してくれた
「ねねは、母のお腹を選んで来たんだよ」
「のんこは、母のぽんぽん(お腹)がよかったの」
と言ってくれた事を思い出します。

実はこの言葉には深い意味があって
この話の意味を知ってからは
子育ての考え方が180度変わったんです‼︎







 

私達は子ども達に選ばれたお母さんだった


子ども達は3才くらいまで
お腹にいた時の事を覚えているといいます。

ある時
「何で母のお腹に来たの?」と聞いてみると
「ねねは、お月さまの上で、この人にしますって、決めて来たんだよ」
と4才の長女が話してくれました。
その時は想像力の豊かな長女の作り話は面白いな〜って聞いていました(笑)
「のんこは、母のぽんぽん(お腹)がよかったの」って2人で言うんです(笑)

しかし、ママのおなかをえらんできたよ。
と言う本にたまたま出会って、
子どもの胎内記憶について知りました。

何でも、胎内記憶をもって生まれてくるお子さんが増えて、
「子どもはお母さんを選んで生まれてくる」事実が
明らかになって来ているらしいのです。

私を選んで来てくれたって本当だったんだ‼︎
作り話じゃなかったんだ‼︎

子ども達はよく
「母だ〜いすき」
「ずっと仲良しでいようね」
「独り立ちはしないよ。ずっと一緒にいようね」
と言ってくれます(笑)
言われると心がぽかぽかして来ます♪

子ども達は
「お母さんを幸せにする事」
「ママを笑顔にする事」を初めの使命にして
来てくれるのかもしれません。

ずっと笑っていて欲しい
幸せになって欲しい

そんな思いで自分の元に来てくれたんだって。

本の内容を
信じる信じないそれぞれあると思います。

私は小さな気付きでしたが、
心の隅にそんな思いを置いておくだけで
子ども達に対しての気持ちが変わった様な気がしました(*´꒳`*)

そう教えてもらってから、
「笑顔で過ごしたいな」とか、
「自分も幸せに楽しくいたいな」とか
「子どもと暮らす時間を大切にしたいな」って
思う様になりました(*´꒳`*)

それでも、
慌ただしい日々の中で
子育てが困難に感じる事ってあると思います。

そんな時

子ども達は
お母さんを選んで来たてくれた事

お母さんを幸せにするために来てくれた事

心の片隅に留めて置きたいなって
思いました(*´꒳`*)

 

ママのおなかをえらんできたよ。
えみぶろの最新ニュース情報を、 いいねでチェックしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

2人の娘を育てるフルタイムで会社員。 のんこっ!【育児4コマ漫画】公開中。 育児・生活・子どもに伝えたいことなど、 書き留めていきます(*´ω`*) 詳しいプロフィールはこちらから